交通事故と弁護士

交通事故の示談交渉や賠償金の金額でもめてしまい話し合いがまとまらないと弁護士を介しての話しあいが行われることもあります。人と人との話し合いだから、なんとか折り合いがつかないものかと思うものですが、中には交通事故によって子供を亡くしてしまったり、家族が一生涯重い障害を背負うことになったりすれば、賠償金だけでなく刑を求刑したいと考えることもあります。そのようなことになれば弁護士を雇い入れて話し合いをしたいというケースや本格的に裁判を起こしたいというケースも起こるのです。

一般的には交通事故というのは民事事件であるために相場として弁護士費用というのは20万円ほどであると言われています。この弁護士を雇い入れた際に、着手金を弁護士に支払うことで弁護契約が執り行われ、弁護士が活動を始めることになります。弁護士が賠償金を勝ち取ることができると報酬を支払うことになります。しかし、最近では着手金を無料にしている法律事務所もあるようですので、インターネットなどをうまく使って、焦らずにより良い弁護士を見つけだしましょう。

報酬については弁護士によって細かな違いがあり、賠償金のうちの決められたパーセンテージを弁護士に支払うことになります。これ以外にも、相談料として話し合いの際の相談についても一定時間につき決められた金額を支払う場合もありますが、こちらも最近では相談だけの場合は何度でも無料で対応しているところもあります。しかし、弁護士を依頼するときにはやはりある程度のお金が発生することを理解の上依頼することが重要です。

関連資料|弁護士法人アディーレ法律事務所

コメントは停止中です。