月別アーカイブ: 12月 2016

交通事故と弁護士

交通事故の示談交渉や賠償金の金額でもめてしまい話し合いがまとまらないと弁護士を介しての話しあいが行われることもあります。人と人との話し合いだから、なんとか折り合いがつかないものかと思うものですが、中には交通事故によって子供を亡くしてしまったり、家族が一生涯重い障害を背負うことになったりすれば、賠償金だけでなく刑を求刑したいと考えることもあります。そのようなことになれば弁護士を雇い入れて話し合いをしたいというケースや本格的に裁判を起こしたいというケースも起こるのです。

一般的には交通事故というのは民事事件であるために相場として弁護士費用というのは20万円ほどであると言われています。この弁護士を雇い入れた際に、着手金を弁護士に支払うことで弁護契約が執り行われ、弁護士が活動を始めることになります。弁護士が賠償金を勝ち取ることができると報酬を支払うことになります。しかし、最近では着手金を無料にしている法律事務所もあるようですので、インターネットなどをうまく使って、焦らずにより良い弁護士を見つけだしましょう。

報酬については弁護士によって細かな違いがあり、賠償金のうちの決められたパーセンテージを弁護士に支払うことになります。これ以外にも、相談料として話し合いの際の相談についても一定時間につき決められた金額を支払う場合もありますが、こちらも最近では相談だけの場合は何度でも無料で対応しているところもあります。しかし、弁護士を依頼するときにはやはりある程度のお金が発生することを理解の上依頼することが重要です。

関連資料|弁護士法人アディーレ法律事務所

交通事故の保険

交通事故に遭うとその際には保険がおります。車を運転する人は自賠責保険に加入することが義務付けられており、人によって任意保険に加入しています。自賠責保険はすべての事故に対して支払われる保証金が決められています。事故によっては相手に支払うべき損害賠償がこの自賠責保険では不足することがありますし、人によっては相手が保険に加入していないために自分に支払ってもらえないことがあります。それに対応するために、任意保険に入っておき、不足額を補えるようにしています。

しかし、保険というものも加入していれば安心なわけではありません。中には保険の内容で自分が請求されている金額を保証してもらうことができず不足金額が出てしまったり、損害賠償の内容でお互いの合意が得られず話し合いが揉めてしまったりというケースもあります。

このような問題として交通事故の話し合いの中で民事事件として解決を図るために弁護士を依頼して解決の取り組むケースもあります。このように交通事故を起こすと、怪我の痛みだけでなく保証の問題でお互いに後味悪いことが起きることも多く、その点でも事故を起こさないよう配慮することが重要なのです。事故を起こさないようにすることは非常に重要なことなのです。

交通事故の恐怖

交通事故というのは自分が被害にあっても、自分が加害者になっても嫌なものです。多くの人は日常生活で運転をするときに交通事故を起こしたいと思って運転はしています。同様に道を歩いていたり走っているときに事故に巻き込まれたいと思いながら生活をしている人もいません。それでも、人間は完璧な動物ではありません。うっかりと交通ルールを間違えたり、ハンドルやペダル操作を誤ってしまったり、不注意で周囲の観察を怠ってしまったりするものであり、それによって事故を起こしてしまったり、うまく回避ができずに巻き込まれてしまったりするのです。

交通事故に遭うと、必ずどこか怪我をしてしまったり車や洋服、自転車を壊してしまったりすることがあります。けがをすれば仕事や家事に支障が出てしまいますし、場合によっては暫くの間入院をしなければならないこともあります。人によっては交通事故によって障害を負ってしまったり死亡してしまったりすることもあります。事故を起こすことで相手の人生を台無しにしてしまうこともありますし、自分自身の人生も終わらせてしまう可能性があることを理解した上で日頃から運転をすることが重要です。

そして事故を防ぐためには、交通事故を起こすとどのような大変なことがあるのか、その怖さをしっかりと知っておくことが重要です。そこで、ここでは交通事故の恐怖として、事故を起こした時の保険の問題と弁護士費用について紹介をしていきます。